奨学金制度ココがポイント! 奨学金制度ココがポイント!
1. 皆さんが進学する学校の入学金、授業料、施設費、実習費、諸経費を、読売育英奨学会から学校へ立て替えて支払います。
  1. 選考料、教材費、寄付金、レッスン代、夏期講習料などは個人でお支払いください。奨学金対象外

  2. 読売理工学院の選考料は奨学会入会の場合、免除されます。

  3. 日本工学院の選考料は奨学会を通して出願し、奨学会に入会した場合、免除されます。 

  4. 予備校は入学金、本科授業料、諸経費のみとなります。単科ゼミ、その他講習などは除きます。

2. コースごとに、奨学金として立て替えた学費の返済免除額が決まっています。
3. 教材費、寄付金、その他自己負担すべき金額が学校指定の納付書の都合で個人払いできない場合のみ奨学会が立て替えます。その金額は各年度の2月末までにお支払いいただきます。

自己負担金となります。

4. 返済免除額を超える金額を奨学会が学費として立て替えた場合、その差額を卒業年度の2月末までにお支払いいただきます。

超過金となります。

5. 在学中、奨学会から学費(教材費、寄付金など自己負担金を除く)として立て替えた金額が、学校の年制、コースによって定められた奨学金(返済免除額)内であれば、卒業時のお支払いはありません。

奨学金額
(返済免除金)

※各年次の返済免除額は3月末日に適用されます。

各コースご案内 各コースご案内

※やむを得ない事情で奨学会を途中退会した場合
立て替えた学費を退会時に一括でお支払いいただきます。ただし、在会1年を経過後、途中退会する場合は、立て替え金額から、在会年数、コースに応じた返済免除額を差し引いた金額を一括でお支払いいただきます。

給与・賞与

給与が手厚いのは読売だけ!
毎月18万円以上(※1)の給与や、年2回支給される賞与(※2)が、安定した学生生活を支えます。

宿舎

冷暖房が完備された無料の個室(YC店舗内かYC付近のアパート)を提供しています。
さらに、すべての施設にシャワールームも完備しています。

水道・光熱費

補助が手厚いのは読売だけ!
基本料金はYCが補助し、使用料金のみ奨学生本人に負担してもらいます。

休日・休暇

4週6休制(※3)で、年10日の有給休暇も付与されるので、学業と業務の両立ができ、趣味の時間もしっかりと持つことができます。

通学定期

補助が手厚いのは読売だけ!
月3,500円までを奨学生本人に負担してもらい、超過分はすべてYCが補助いたします。

祝い金・記念品

大学、専門学校、予備校を卒業した奨学生には、お祝い金と記念品を贈呈します。

社会保険

社会保険に入れるのは読売だけ!
社会保険(一部自己負担)、労災保険、自転車・バイク保険に加入します。
費用はYCが負担します。

健康管理

すべての奨学生を対象に、年2回の集団健康診断を実施しているので、安心して学生生活を送れます。
費用はYCが負担します。

推薦専門学校

読売育英奨学会が推薦する専門学校へ奨学生として入学する場合、入学選考科の免除や特別奨学金の適用があります。

サポート体制

入会前も入会後も、奨学会事務局と各地区担当者が、制度の詳しい内容や、応募の際の疑問・質問、進学の悩みにも親身にお答えします。

就職活動

就職支援セミナーやビジネスマナー講座を開催しています。希望者には読売育英奨学会理事長の推薦状も発行しており、就活を最大限にサポートします。

研修旅行

卒業年度には、4年制(※4)すべての奨学生を対象に、研修旅行へと派遣しています。
費用はYCと奨学会が負担します。

※1. Aコースのみ。
※2. A・Bコースのみ。
※3. Cコース、朝刊コースは4週4休になります。
※4. 2、3年制の奨学生はYC所長の推薦により選抜し、派遣します。